週末はいつも晴れ

社会人3年目の日記です。プログラミングとか旅行とかラーメン。

EmacsのC++の開発環境を整え直しました

3ヶ月くらい前に投稿されていたこの動画に触発されました。

Emacs as a C/C++ Editor/IDE(PART 1)
PART4まであるシリーズ動画です。
英語は比較的ゆっくりで、とっても聞き取りやすいです。


自分がC++の開発環境のためにEmacsをいじっていたことと言えば、

  • autocomplete(ただし、ac-dictの中身だけ)
  • yasnippet(ほとんど使えてない)

OTZ..


外部ヘッダから補完とか夢のまた夢だと思ってました。
IDEじゃないし、仕方ないねとか思ってました。




では、
動画の内容をかいつまんで説明します。

PART 1 : autocomplete, yasnippet and auto-complete-c-headers

上記3つのインストール方法、使い方を紹介しています。

  • autocomplete 補完してくれる
  • yasnippet イエットアナザースニペット
  • auto-complete-c-headers ヘッダファイルを補完してくれる
PART 2 : iedit, flymake-google-cpplint, google-c-style

上記3つのインストール方法、使い方を紹介しています。

  • iedit : バッファ内に登場する同じ変数名を同時に変更できる。sublimetextで見た気がする。
  • googleなんとか : googleC++コーディングスタイルに矯正できるようになる。
PART 3 : Installing CEDET mode for true intellisense

外部ヘッダから補完ができるようになる。すごい。

PART 4 : Installing irony/sarcasm mode for true intellisense with clang

何やってるのかわからない。僕にはまだ早い。